モテる男性・モテない男性の違いは?

人は見た目が9割とも言われますから、モテるには外見が重要なファクターです。しかし、いわゆるハンサムだとかイケメンという顔の造形よりも大切なのは清潔感です。

まず、モテる男性は身だしなみにさりげなく気を遣っています。「さりげなく」というのがミソで、やりすぎていると「狙ってる」「ナルシスト」と逆にネガティブな印象を与えます。具体的には、整髪料はつけるけれどもあくまで自然体から逸脱しない、靴の泥は落とす、爪は切りそろえ間違ってもゴミで黒いままにしておかない、などです。モテない男性はこの基本を押さえずに、顔が良くないからと卑屈になっていることがよくあります。

男性に比べて、女性はちょっとしたボディタッチをすることが多いです。お触りというレベルではなく、ハイタッチや激励で背中を軽くはたくといった行動は結構とりがちです。不衛生な男性にたいしてスキンシップを取りに行く女性はいないでしょう。逆に軽いボディタッチができるとなると、親密になるまでは時間の問題と言えます。

次に重要なのは共感力です。よく言われることですが、会話において男性は結論を求め女性は同意を求めるという意識差です。女性は結束力が強い反面、敵・味方のカテゴリー概念が強く、自分の味方に良い顔をしようとします。女性が相談や愚痴を話している時に、結論をずばりと言ってしまうと話を聞いてくれない人だと思われます。もしくは自分の気持ちを理解してくれない、ひどい時には思った通りの答え方をしてくれない=敵という認定をされることもあります。

モテない男性はこのような話し方をしていないか、今一度振り返ってみてください。女性と会話する時には一度共感を示しておいて、彼女が結論を求めた時に解答を引き出すのがよいでしょう。その他には、ある程度世間慣れしていることもモテる男性には必要です。デートのお誘いをするにもやはりエスコートを上手にしてほしいと願う女性はまだまだ多いです。ある程度の経験がないと、スマートな行動を取れません。お坊ちゃん然としていると、自分では何もできない人、マザコンなのではないのかと勘ぐられ敬遠されます。育ちの良さという点では素晴らしいかもしれませんが、女性が男性に求めるポイントからはずれているのです。

友人の30代女性・婚活失敗だらけのエピソード

私の友人はいつも婚活で失敗しています。何度も変えた方がよいと言いますが私の気になる部分はなかなか直してくれません。最近は出会いが全くないとのことで流行りの婚活サイトに登録するシステムにハマっています。会うまではよく進んでいるように感じます。ですが、「自分の生活スタイルを崩すことは全くできない」「相手を受け入れるのは無理だけど受け入れて欲しい」と、とにかく自分に合わせてくれる方を待っているようでなかなか難しそうだなぁといつも思っています。

年齢は30代なので譲れないものは多いと思いますが、好みではないところなども、受け入れていかないとなかなか進まないと思います。しかし、「見た目が私には合わなかった。」という意見をよく聞きます。この歳で見た目?とも思うのですが譲れないようです。

そしてとにかく派手な格好が好きなので初対面の方はだいたい会うと引いてしまうようで、目立ちたい!という気持ちからとっても着飾ってしまうようです。すっぴんがわからないほどの化粧も止めたほうがよいというのも何度も言うのですが、会うタイミングで新しい化粧品を購入して化粧売り場の方にやってもらったというとにかく濃い化粧で「今から行ってくる。」と行く前に見せてもらうことが多いです。正直派手すぎてびっくりする感じです。

素顔もとても良いですし、話してても楽しい性格なのでなんとかならないかなぁと思いますがなかなか変えれないようです。