婚活サイトの意外な点2つ

婚活サイトを2種類ほど利用して婚活をしているのですが、婚活サイトを始めてみて意外だったのは本当にごく普通のあらゆるタイプの女性が、気軽に婚活サイトを利用しているのだなと感じました。利用してみた感想としては、自分の身の回りの女性も知らないだけで婚活サイトに登録しているんだろうなということです。最初に婚活サイトでの婚活を始める前は、日常生活で男性との出会いがない女性、結婚を焦っている女性、いわゆる非リア充で悩んでいる女性が中心なのかと思っていました。

しかし婚活を始めてみて実際に20人以上とマッチングしてメッセージのやり取りをしたり、実際に会って食事をしてみた印象は全然違いました。婚活サイトで出会った女性と話をすると、職場に同年代の男性がいる、男性を交えて旅行に行ったりする、接客業で男性のお客さんとたくさん会うなど、サイトを使わなくても出会いがありそうな人が多いです。冗談で、「その人たちにもっとアプローチすれば付き合えるんじゃないですか?」と聞いてみると「それはそうだけど、選択肢を増やす意味で婚活サイトも使っています。」というスタンスでした。

婚活サイト一本に出会いを絞っている女性よりもむしろリアルの出会い、合コン、などの選択肢に加えて婚活サイトを使っている女性が多数派だったのが意外でした。あと、結婚観も婚活サイトで出会ったらすぐ結婚前提というわけでもない女性が殆どでした。婚活サイトで出会って付き合っていい人ならば3年後くらいまでにはというくらいののんびりしたスタンスの女性のほうが多かったです。のんびり婚活している雰囲気で、例えば30代になる前に結婚しないとと焦っている印象の女性はあまりいませんでした。

婚活サイトのイメージで男性はリアルの出会いがなくて婚活サイト一本に賭けている印象が強い割に、女性側はいくつかある選択肢のひとつとして婚活サイトを捉えている人が多数派だったのが意外でした。